*

「名簿管理」はじめのはじめの第一歩はこんな感じで

      2014/09/30

さいきんサロン系ビジネスをなさっている方からのご相談がつづいています。お客さんのお体にふれる究極のサービス業でいらっしゃるからか、思いやりのある素敵な方ばかり。また女性として美容のことを知るのは大好きなので、個人的にもとてもうれしいお仕事です。

daifukucho

そんなサロンさんからつづいていただいているご相談があります。
開業から数年たったが
  ●「お客さん一人あたりの単価を増やしたい」 
  ●「ご紹介率を増やしたい」 
といったこと。

ある程度お客さんの母数もふえた、リピート率もそこそこ、そろそろ次のステージをめざしたい。そんなお店さんへは、まず、お店の現状を数字でしっかり知ることを大事にしていただきたいと思います。

 ・開業以来1回でも来店されたお客様の総数は?
 ・2回以上来店されたお客様の総数は?
 ・先月の客単価は?
 ・直近1年のお客様の平均来店回数は?

こういった”数字”を知っておくと、では次になにをすべきか? 霧が晴れるようにおのずと見えてきます。抽象的ないいかたであれですが、数字を根拠にした販促は、芯がしっかりしたとても強いものになります。


ちょっと気をつけていただきたいのは、顧客リストがまだ「紙ベース」なお店さん。次のステージに進むには顧客名簿はデジタル化しておかれることを強くおすすめします。ひとまずは、簡単にエクセル入力でも大丈夫~。いきなり全部いれようとするとめんどくさくなっちゃうので、最低限の項目でOK。|1.お名前|2.ご住所|3.ご来店日|4.ご購入金額| をパチパチ入力していってください。あまり深く考えず、ひとまずデータ化データ化、というスタンスでけっこうです。

エクセルじゃなくてもう少しそれらしく、ということであれば、会計ソフトで有名な弥生さんの顧客管理ソフトをおすすめします。いまお持ちのパソコンにインストールできる簡易なもので、1万円くらいです。

【弥生の顧客管理ソフト】
http://www.yayoi-kk.co.jp/icare/ys/customer.do

はたぼう的おすすめポイント
 ・ソフトだから、いまあるパソコンでできる
 ・簡単な分析があっという間にできる。
 ・DM用ラベル印刷ができる
 ・お買い得(1万円くらい)
 ・サロン系の入力項目が充実

とざっくりそんな感じです。

あっ、最近開業したての方も、弥生さんを買われて空き時間にパチパチ入力されておくのもおすすめですよー。
名簿管理、はじめのはじめの第一歩は、まず、入力してデジタル化!

プロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

________________
このブログのSNS

 いいね!してね♪→ Facebook
 フォローしてね♪→ Twitter 

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
同志社大学法学部卒。販促プロ歴12年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営6年目。伝わるコピー&デザインと、顧客名簿をいかした企画を得意とする。販促相談、出張勉強会講師、制作業。京阪神と東京で活動中。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - ダイレクトマーケティング

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事