*

コピーライターって”センス良く言葉にする人”じゃないんです。。。

      2016/09/30

わたくし、販促コピーライターという職業でして、
企業様、お店様が上手に広告するお手伝いをしています。


ふだん、お仕事のほとんどのやりとりは
電話、スカイプ、メール、フェイスブックグループなど
通信でしております。ビバ、インターネット!


が、クライアントさんのお店やオフィスに伺うと
やっぱり遠隔でやりとりするだけでは感じられない
さまざまな情報を仕入れることができます。


だから基本、現場におじゃますると、
遠隔に比べるとスーパーはかどっちゃいます。


・どんな立地か?、どんな外観か?
・店内のレイアウト?、棚や机の素材は?、整理の仕方は?
・スタッフさんの格好や表情やメイクや話し方はどんな?
・オーナーさんのPCはどこの?、ペットは?、どんな本好き?、愛用の文具は?
  ・
  ・
  ・

現場には情報がいっぱい!
といってもそんなにジロジロみず、
能面のような顔つきで淡々と脳内にインストールいたしやす。
(不気味ですか)

 

その後、淡々とおたずねします。


・なぜ、このビルにお店を出したのですか?
・なぜ、この商品を売りたいのですか?
・なぜ、猫が好きなのですか?
・なぜ、ここにテプラを貼っているのですか?


教えてーー


若干うざいですがそこをひとつグッとこらえていただき
その答えを少しずつつないで言葉化していくと、


クライアント様ご自身
「そうそう、前から私そう言いたかってん!」
というものができあがっていきます。うっしゃ!


これが遠隔だけですとなかなか難しくて…
ストライクな言葉化ができずお互いもやもやする羽目になります。
嗚呼、時間とお金が勿体ない。



遠隔だけでなく、間接もそうです。
ご紹介など間接的にいろいろと情報を教えていただいて、
「あとはプロだからなんかうまいこと言えるでしょ」
っていうのは違いまして(汗)


誤解がないようにお願いしたいんですが、
コピーライターってなんか”センス良くうまいことまとめる人”
みたいに思われるかもしれませんが、


実はそうじゃなくて、
コピーライターって”うまいこと取材できる人”
なんですよね。。。


情報を集めるのが得意、整理するのに慣れている人種です。
だからぜひ、現場に連れて行って活用してくださいね。
直接、お話し聞かせてくださいね。


そしたら、遠隔や間接より、数倍的確に
「そうそう、前から私そう言いたかってん!」に至りますー。
なにとぞ!


2015-10-17 18.27.39ではでは、きょうもあなたに
なにかいいことがたくさん起こりますように。
(この絵手紙はののやま先生作デス)

お問い合わせはこちらのフォームからお気軽に~☆

■こんなご相談承ります

■ホームページできました

■プロフィールはこちら

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
同志社大学法学部卒。販促プロ歴12年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営6年目。伝わるコピー&デザインと、顧客名簿をいかした企画を得意とする。販促相談、出張勉強会講師、制作業。京阪神と東京で活動中。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - ダイレクトマーケティング

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事