*

売れるコピーやデザインも大切ですが。。。

   

今月のはたぼう販促塾は、いつもの奈良サロンを飛び出して、
わたくしの事務所(JR高槻駅前)でおこないました。お初!


毎回おいしすぎるランチを作ってくださるアラン様、
あいにく東北出張にいらしていたためです>< 

2015-07-06 12.40.17こんなにも美しいアラン’sランチ無しではたして喜んでいただけるのか?!
(撮影の腕が見合ってなくてかたじけない…)

若干不安でしたが、心やさしい塾生さまのおかげで
和気あいあいと一緒にお勉強できました、ほっ^^

2015-10-26 11.11.134期生さんはみなさま絶賛子育中、幸せオーラきらきら!


今回のテーマのなかでひとつ
販促を成功させる要素】についてお話しさせてもらったのですが、
けっこう「へえ、そうやったんや~!」という反応をいただいたので、
ブログでもシェアしますね^^


販売促進を成功させる要素には
5つあります。


1.「誰に」つたえるか
2.「何を」つたえるか
3.「どんな言葉で」つたえるか
4.「どんなデザインで」つたえるか
5.「いつ」つたえるか


そしてめやすとして”重要度”がパーセンテージでしめされています。
(詳しくは「ザ・マーケティング【基本篇】──激変する環境で通用する唯一の教科書 」をご参照ください)

2015-10-28 17.04.06この各要素の重要度って、どんな割合?


先に答えをお伝えすると
1→5の順になります。

 

つまり、

重要な順に、

1.「誰に」つたえるか(リスト 40%)
2.「何を」つたえるか(特典 20%)
3.「どんな言葉で」つたえるか(コピー 15%)
4.「どんなデザインで」つたえるか(デザイン 15%)
5.「いつ」つたえるか(タイミング 10%)

となります。

 

1誰に→2何を→3どんな言葉で→4どんなビジュアルで→5いつふーん、という感じで聞いていただいたらいいんですが、

このことからいえるとても大切なポイントは、

”コピーやデザインよりもリストの方が重要度が高い”
ということです。

よく、マーケティングの勉強会、となると
○売れるコピー、○売れるデザインについてのテーマが多くて
それも大事なんですが、
同じ時間とお金をかけるなら、
◎誰に伝えるか にかけるほうが、よりもったいなくないです。


別のいい方をすると

○そこそこのリストに、ばっちりコピー&デザインの広告 よりも
◎ばっちりのリストに、そこそこのコピー&デザインの広告 

の方が、売れます。

さきの円グラフご覧いただくと

○ばっちりコピー&デザインの広告=15+15=30%
◎ばっちりのリストは40%

ですね。
それにコピー&デザインのお勉強して習得するのは向き・不向きありますが、
リストの鮮度と精度を整えるのはそれほどでもないです。やるか、やらないか、だけなので^^

なので、
同じエネルギーをそそぐなら、
コピーやデザインをみがく(30%)よりも、
リストをきちんと整える(40%)方がおすすめですよー


関連しますが、前に書いたこちらの記事
ストップ! もったいない広告 もご参考に^^


ではでは、明日もなにかいいことが
たくさん起こりますように~!(^^)!

お問い合わせはこちらのフォームからお気軽に~☆

■こんなご相談承ります

■ホームページできました

■プロフィールはこちら

_______________

このブログのSNS

 いいね!してね♪→ Facebook
 フォローしてね♪→ Twitter 

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
同志社大学法学部卒。販促プロ歴12年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営6年目。伝わるコピー&デザインと、顧客名簿をいかした企画を得意とする。販促相談、出張勉強会講師、制作業。京阪神と東京で活動中。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - ダイレクトマーケティング

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事