*

まもなく1年の折り返し

      2016/06/23

2016年も、はや半年を過ぎようとしています。今年前半を振り返って夏以降にさらに活かしたいところでござりまする。


この時期の行事で「夏越祓(なごしのはらえ)」というのをご存知でしょうか? 半年の厄を払い、残りの半年の無病息災を願うものですが、わかりやすい解説がありましたので、京阪電鉄さんのサイトから以下拝借!

スクリーンショット 2016-06-22 19.50.39夏越祓(なごしのはらえ)_____
其の一、毎年6月30日を中心に、神社で行われる厄払いの行事です
其の二、茅の輪をくぐって半年の厄を払い、残りの半年の無病息災を願います
其の三、京都ではこの行事に合わせ、「水無月」という和菓子を食べる風習があります
スクリーンショット 2016-06-22 19.58.42出典:https://www.okeihan.net/navi/kyoto_tsu/tsu201006.php


↑シンプルでおいしい 「水無月(みなづき)」という和菓子。
三角は氷のカタチということで涼をとる意味と、小豆は魔除けの意味があることから厄払いの願いをこめて、6月末に食べる習慣があります。


もっと詳しい解説は京阪電鉄さん公式HPをご参照いただくとして、わたくし流の「夏越祓(なごしのはらえ)2016」は、来る夏の暑さに備えるためには、和菓子を爆買いせなあかん!  という身勝手極まる解釈に至りました。というわけで行ってきました和菓子パラダイス。

2016-06-19 12.45.22-1甘党市:1日限定、人気の和菓子が集まるお気軽マーケット@木屋町の廃校 元・立誠小。老舗から個人作家さんまでが一堂に会していて、そらもう和菓子ファンにはたまらない空間でした。会場の様子写真撮ればよかった…、大雨にもかかわらずン百人のお客さんでいっぱいでしたよ~


2016-06-19 17.34.22-2人目をはばからず爆買いした和菓子たち。うひょひょひょひょ!! 

翌日から仕事の合間に一つずつ夏越祓。おやつじゃないですよ? 厄払いのため仕方なしですわ(笑

2016-06-20 14.47.19-2鍵善良房さんの生菓子、あじさい。和菓子はこのミニマムな美学がときめきます~ ちなみにこの美しいガラスのお皿は、大学美術部のくみこ先輩ハニカム堂さん作。似合うでしょ!

てなことをインスタグラムではボソボソとつぶやいております。よかったらフォローしてくださいね
はたぼうのInstagram☆
https://www.instagram.com/hata2copywriter/


まもなく一年の折り返し。あなた様の無病息災をお祈りしております!
__________

●Twitterもお願いします☆
https://twitter.com/dm_pro_moyoko

●Facebookページでブログの更新UPしてます☆
https://www.facebook.com/hata2osaka

●ホームページ、まだの方はぜひ☆
http://hata2.com/

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
女性限定販促塾主宰、DM専門マーケッター。同志社大学法学部卒。販促プロ歴14年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営7年目。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - 趣味や日常のこと

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事