*

お客さまはどんどん「えこひいき」して大丈夫~

   

ひとつ質問です。
御社にとってVIPのお客さまはどなたでしょう?


●ここ1年間で、100万円以上買ってくださったお客さま
●最近、新規で来てくださったお客さま
●週に1度、足を運んでくださるお客さま
●これまで5人のご友人をご紹介してくださったお客さま

________________

小売・卸・製造業…
店舗・通販…
それぞれのご商売に、それぞれのお客さま。
切り口でさまざまな”格付け”をされているかと思います。


私どもマーケターは、
どのお客様にどのようなプロモーションが丁度いいのか?
よりベターな最適点を探るお手伝いをしています。


そのためにはまず大前提として、
「お客様にはみな平等なサービスをしなければならない」
という思い込みを捨てていただきたいです。


けっこうこれが、頭でわかっていても
実践できていないケースが多くて、
要らないストレスを抱えて、相談いただきます。
(なんでしょう…秋は気を溜めやすいのかな…?)

大丈夫!!
・全員にリピーターになっていただかなくてもいい
・全員に客単価アップしていただかなくてもいい
・全員にお友達を紹介していただかなくてもいい


だってアナタのエネルギーは有限ですもの!


だから例えば、
・もっかい買ってくれそうな方にだけ、えこひいきしてもいいし
・もうプラス1万円買ってくれそうな方にだけ、えこひいきしてもいいし
・どなたか紹介してくださりそうな方にだけ、えこひいきしてもいいし


堂々としたら大丈夫!


お客さまをちゃんと「えこひいき」すること。
それが、「平等」じゃなくても、「公平」なエネルギー配分。


だから、大丈夫です。心配しないで~~
VIPじゃないお客さまはそれなり満足してはるから~~
しなくていい苦労、しないで~~


がんばらないで、
力抜いてくださるといいなあ~
どうするのが最適か、一緒にみつけてこ~~

2016-11-01-14-53-19こないだ「はたぼうのイメージ!」といって、お花のプロの史ちゃんが活けてくれたアレンジ。私って黄色いのね!!

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
同志社大学法学部卒。販促プロ歴12年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営6年目。伝わるコピー&デザインと、顧客名簿をいかした企画を得意とする。販促相談、出張勉強会講師、制作業。京阪神と東京で活動中。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - ダイレクトマーケティング

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事