*

ご存知でしたか? 「忘年会」の本当の意味!

   

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-14-17-45

街のあちこちで
きらきら眩しいクリスマスツリーや
お正月のディスプレイをみかけますね~


今週・来週は忘年会つづき!

あなた様も
そんな感じではないでしょうか?


例にもれずワタクシもです。


忘年会で年忘れするぞーーー!!
楽しむぞーーー!!


と 思っていたら
最近読んでいるコチラの本に
興味深いことが書いてありました。

▲画像をクリックでAmazonにリンク

安岡正篤「こころ」に書き写す言葉―『天籟の妙音』から

(やすおかまさひろ)

安岡正篤先生は、致知出版社さんのサイトによりますと
▼ ▼ ▼

昭和の名宰相とされる佐藤栄作首相から、中曽根康弘首相に至るまで、昭和歴代首相の指南役を務め、さらには三菱グループ、東京電力、住友グループ、近鉄グループ等々、昭和を代表する多くの財界人に師と仰がれた安岡正篤(1898年~1983年)。

安岡正篤師は、その東洋学に裏打ちされた該博な知識と人物としての魅力によって、日本のトップ・リーダーたちに、わが国の進むべき道を、常に指し示してこられました。

▲ ▲ ▲

といった、お方です。


最近、帝王学や陽明学・五行あたりに
なんとなく興味がありまして…

というマニアックなお話しは
少し横に置いておきまして、


そんな安岡先生のご本にあった
「忘年の交わり」のくだりに
びっくりぽん!(やや古)

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-05-18-53-30忘年の交り  -心と心のつき合い

忘年会をその年の憂さを晴らすことのように思っている人がいる。
本来の忘年はそうではなくて、文字通り年を忘れることで、
先輩・後輩の年齢の差を超越して心と心のつき合いをする、
これが「忘年の交り」である。

_________


ええ?

その年の

憂さを晴らすこと

 

ではなくて


先輩・後輩の

年齢の差を

超越して

 

心と心の

つき合いをする

 

ですって~~~!!

知らなんだ知らなんだ~~!!

 

そうと知ったら、
あすからの忘年会は堂々と、
年齢の差を超越して、
楽しませていただこうっと~~^^

 

あなた様も
胃をいたわりつつ、
本当の意味での
「忘年の交り」
存分にお楽しみくださいね~

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
同志社大学法学部卒。販促プロ歴12年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営6年目。伝わるコピー&デザインと、顧客名簿をいかした企画を得意とする。販促相談、出張勉強会講師、制作業。京阪神と東京で活動中。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - 趣味や日常のこと

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事