*

ショップカード制作でぜひ気をつけてほしいこと

   

minioji

きのう家族がちょっとたべすぎたらしく、胃薬をもってきて「おーい、ちょっとこれ読んでくれい」と渡されたました。おくすりのビンの裏書をしめしながら、「おい、1回何錠ってかいてある?」ときかれ。はい、おまかせを。わたくし視力がいいですので。裸眼で1.0ですので、説明書とかいっつも読まされます。それで私は胃薬ビンを凝視しまして、えーっと、一回何錠かいなーっと探し続けること10秒・・20秒・・30秒・・ あったぁ!


ていうか、この文字列のなかから、「成人は4錠」を探し当てるのに何十秒かかってんねん! 文字ちっさ! ちょっと不親切すぎでしょ。虫眼鏡いるやんか。もっと大きく書いてや! ていうか「成人 1日2回 1回4錠」だけでっかくかいといてーーー!!


って、これってけっこう販促物でも同じようなことあるんですよね。
デザイン的に、文字は小さい方がおしゃれに見えます。だからショップカードとかチケットとかついつい文字ちいさめになっちゃう。とくに数字となるとほんと小さい。とくに飲食店さんや美容系のお店さんは、おしゃれ感度が高いがためにそうちがちです。

〇 電話番号とか
〇 営業時間とか

ちっさいちっさい字で書かれてたりします。たしかにおしゃれですけどね。でもたとえばね、梅田でどっか友達と飲みにいこうかなーってなって、過去のショップカードさがして、似たようなお店が2店舗あったと。いざ予約しようかなとおもったときに、

〇 すぐ電話番号わかる
〇 すぐ営業時間わかる

ほうのお店を選んじゃいませんか? たかだか文字の大きさで選ばれなかったとしたらくやしくないですか?

あなたのお店のカードやチケット。たいせつな数字はぜひきちんと大きめにデザインしておいてくださいね~

プロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

________________
このブログのSNS

 いいね!してね♪→ Facebook
 フォローしてね♪→ Twitter 

 

 

 

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
女性限定販促塾主宰、DM専門マーケッター。同志社大学法学部卒。販促プロ歴14年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営7年目。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - ダイレクトマーケティング

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事