*

「寄り添う」ってどんな加減?

   

◎相手の立場になって

◎お客さま目線で

とよくいいますが、これ、できそうでなかなかできない……

 

たとえば会社勤めしていて、自分の働きに比べて低評価だと感じている社員さんに

「そんな残業してその給料じゃあな」など

と心配してつい言ってしまいがちですが、

それって本人に伝えてもどうしようもなくて。

現実打破したいと最ももがいてるのは

本人なんですものね、

余計に苦しめてしまうだけ。

 

 

理屈で指摘するのは意外と簡単ですが

多くの場合はすぐ解決できるものでもなし…

 

 

大切なのは、本人の気持ちにひたすら寄り添うこと。

「もっと評価されたいと思ってるかな?」

「現状が少しでも改善されたらうれしいね」

そんな感じで柔らかく、優しく。

 

自戒を込めまして。

 

最近、ぬか漬けが楽しい。

 

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
同志社大学法学部卒。販促プロ歴12年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営6年目。伝わるコピー&デザインと、顧客名簿をいかした企画を得意とする。販促相談、出張勉強会講師、制作業。京阪神と東京で活動中。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - 趣味や日常のこと

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事