*

広告に顔を出したくない場合でも大丈夫

   

よく広告では「お顔」を出した方が効果が高まりますよ、と聞いて実践したことがあると思います。
●どうせ同じ商品を伝えるなら、作り手さんのお顔がわかる
●どうせ同じサービスを伝えるなら、スタッフさんのお顔がわかる
ほうが反応率が高くなりますよね。

その理由として、
<顔が見える関係>という安心感があるほうが買いやすくなる、っていうのもあるんですが、
もうひとつこれには理由があります。

***

ご存知でしたか?
<顔出ししたほうが効果が高まる>の脳科学的根拠

人間の脳の働きは、【3つの点が集まった図形を人の顔と見る】ようにプログラムされている。
(シュミラクラ効果といいます)

おお、よく田舎のおばあちゃんちにいったら、木の柱の節が顔にみえて怖かったで…

人は他人や動物に出会った場合、敵か味方か?を判断したり、
相手がどう行動にでるかや、なに考えてるねん?を瞬時に予測するために、
本能的にまず、相手の目を見る習性があります。

なので、人や動物の目と口は逆三角形に配置されていることから、
点や線などが三角形に配置されたものを見ると、
「顔や!」と脳は瞬時に判断するようにできています。

ということは、顔出さなくてもたとえばこんな感じでも
同じような効果を得られるわけですね~


0306
↑顔に見える広告例


●顔をだすのが抵抗がある
●顔をだすことがふさわしくない

ということもありますね。
その場合は、この「顔に見える」方法を使ってみてください^.^


■はたぼうがお手伝いできること

■プロフィールはこちら

■お問い合わせはこちら

________________

このブログのSNS

 いいね!してね♪→ Facebook
 フォローしてね♪→ Twitter 

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
同志社大学法学部卒。販促プロ歴12年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営6年目。伝わるコピー&デザインと、顧客名簿をいかした企画を得意とする。販促相談、出張勉強会講師、制作業。京阪神と東京で活動中。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - ダイレクトマーケティング

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事