*

すべての広告は一対一の手紙である

      2017/10/26

memo
■ライブなんかで、アーティストが壇上で叫びます。
「オーサカー、もりあがってるかぁぁぁ!!」そうすると私は、(私”大阪”っていう土地じゃないし、人やし)と思って返事しません。でも
「オーサカーのみんなぁ、もりあがってるかぁぁぁ!!」と言われるとだいぶ態度かわります。
「オーサカーのアナタ、もりあがってるかぁぁぁ!!」なら最高。全身でヒャッハーとなりますね。

■料理番組で先生がいいます。
「このミートボールは、お子さまからお年寄りまでおいしく召し上がれます」すると私は、(じゃあ30代女性には物足りんなきっと)と思って作りません。でも
「このミートボールは、スパイシーな大人の味です」と言われると(お、やってみたい)となります。

■映画の試写会で主演女優がいいます
「この作品は、いま頑張っているすべての女性にみていただきたいです。ぜひ劇場へいらしてください」すると私は、(だいたい頑張ってない女性っているんか? )と思って行きません。でも
「この作品は、いま頑張って働いている独身の女性にみていただきたいです。ぜひ劇場へいらしてください」なら(お、見てみようか)となります。

なんでしょうね、やっぱりね、受け手目線としてはひとくくりにされると嫌ですよね。自分の存在が薄められているる感じしませんか? どうせならできるだけ自分にフォーカスした情報を受け取りたい。だからその他大勢と一緒にされると関心が薄れます。


だから送り手としては、【こういう方】に伝えたい、というのを丁寧にせばめていただかないといけません。


ちなみにいい訓練の仕方として、広告をつくるときに、「私」から「あなた」へを意識して文章を書いてみてください。だって、人は自分一人だけの人生を生きています。2人分3人分生きている人っていないですよね? 受け手はすべて「一人」です。「みなさん宛て禁止」ルール、おすすめです。


すべての広告は一対一の手紙、ちょっと意識してみてくださいね。

■はたぼうがお手伝いできること

■プロフィールはこちら

■お問い合わせはこちら

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
同志社大学法学部卒。販促プロ歴12年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営6年目。伝わるコピー&デザインと、顧客名簿をいかした企画を得意とする。販促相談、出張勉強会講師、制作業。京阪神と東京で活動中。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - ダイレクトマーケティング

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事