*

出勤が 運動だったと 気付く腹(第34回サラリーマン川柳より)

   

ここ一年で見事に太った。脂肪だけが5キロくらい増えてしまった。「幸せ太り、いいじゃない」なんて言ってくださる方もいてありがたいが、明らかに体の動きが鈍ったのと、疲れやすくなった。これがうわさの基礎代謝の低下! と痛感するきょうこの頃である。

典型的なコロナ太りである。おうち時間急増による運動不足。事務所への通勤を控えた分を補うための体操やスクワットを続けていたが、それを大きく上回るカロリー摂取。ストレス溜めるよりいいか、とおかきとかせんべいとかチョコとかアイスとか食べ過ぎました。そらあかん。


出勤が 運動だったと 気付く腹第34回 サラリーマン川柳より)
6月の絵手紙教室の課題が川柳だったので、サラリーマン川柳のサイトをみていたら目についた。なんて秀逸な…!  


体質改善を一念発起。プロに頼んで食事と運動の指導をしてもらうことにした。6月1日から8月31日の3か月集中である。自分で調べて試すより、信頼できるプロにみてもらったほうが早く、程よいプレッシャーで結果が出やすい(あくまで私の場合)。先生に食事と間食を画像付きでラインして、つどつどコメントを返してもらっている。マネしやすい献立も教えてもらえる(これが一番助かる!) もう4週目なのでだいぶ慣れてきた。プラス、健康補助食品で栄養を底上げしている。少しずつ疲れにくくなってきたのを実感している。


運動と睡眠の習慣も少しずつ改善しつつある。先生に毎日何歩歩いたと報告し、おすすめのエクササイズも教えてもらえる。まだまだ運動不足だとは思うが、駅の階段を上るのがちょっと軽やかになってきたのと、歩くのがちょっと早くなってきた。以前から習っている体幹エクササイズも再開できるようになった。毎晩風呂上りにブリッジしている。


寝起きが不規則だったのが、5:30起床22:00就寝がだいぶ定着してきた。うれしい。入眠が難しいのが長年の課題だったけれど、やれば体は応えてくれる、本来の姿に戻ろうといつもしてくれていたようだ。人間の体ってすごい。まだ連続睡眠は4~5時間だけれど、これが7時間になるようにあと2か月でもっていきたい。


人生は長い、平均寿命までまだあと半分以上。死ぬまで好きなことをできる体を養うべく、ここでしっかり体質改善に勤しむことにする。ありがとう下腹、ありがとうサラリーマン川柳。2021年6月、地味にすごい1か月を過ごしている。

The following two tabs change content below.

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
畠通株式会社代表取締役社長・販促コピーライター。米国DMA公認ファンダメンタルマーケター。京都市上京区にて印刷会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営9年目。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)・全日本DM大賞二次審査委員(2020)。同志社大学法学部卒。

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - 趣味や日常のこと

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事