*

自分を知って、未来をつくろう

      2019/09/20

こんばんは〜はたぼうです。

 

今日は事務所の整頓デー

資源ごみをまとめたり、非常食をチェックしたり

溜まっていた領収書をなんやかや整理

 

 

家計もなんやかや整理

6、7、8月とこれくらい使ったのか〜

 

以前お金の勉強をさせていただいたおかげで

自分がいったい最低

月いくらなら生きていけるのか?

定期的に確認するようにしております。

 

★月々のお金

【必要最低限】→家賃、食費、通信費、交通費、髪と肌のメンテ代

【あったら素敵】→各種お稽古代、服代、エンタメ代などなど

 

こうして分けると、必要最低限のお金って案外そんなに多くないから、金融機関があおる不安をいちいち気にしなくて大丈夫、と教えていただきました。あーんしん。

 

毎回確認するたび

 

ああ、私って最低限こんだけで暮らしていけるのね、地味に育ててくれてありがとう… と思います。

 

たまたまお金の話になりましたけど、自分を定点観測し続けるってすごく面白いですよね。

そしてそれは、この先を生きる安心に直結する。

 

●怖い

●不安

●よくわからない

ことってついつい先送りにしがちですが

 

直視してみれば、

 

なーんだ、案外大丈夫じゃない、ということがほとんどです。

 

大切なのは、逃げずに「直視」すること。

逃げてたら不安は勝手に肥大化しますからね。

 

直視するのがどうしても不得意ならば

人の手を借りてでも直視したほうがいい。

(もちろん信頼できる人のですが)

 

「この先わたし、どうなるんだろう」

というセリフ、よく聞きますけど、

(どうなる)って受け身よなぁと思います。

 

「この先わたし、どうしたいんだろう」

と自分に問うてほしい。

 

あなたはあなたの人生を歩む以上

あなた自身の幸福度を最大値にする義務がある。

もちろん私も。

 

あなたの未来は誰かがどっかからもってくるんじゃなくて、自ら創るものですからね〜

 

「自分を知って、未来をつくろう」

 

そう堂々と言える自分を

日々更新していたいです。

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
畠通株式会社代表取締役社長・販促コピーライター。DMA公認ファンダメンタルマーケター。京都市上京区にて印刷会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営9年目。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)・全日本DM大賞二次審査委員(2019~)。同志社大学法学部卒。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - 趣味や日常のこと

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事