*

2019年11月の読書サークル

      2019/11/25

読書サークル3回目でしたー!

読書サークル1回目レポートはこちら
読書サークル2回目レポートはこちら


2019年11月のラインナップはこちら!新書やミステリーや人情系やといろいろ。
3回目となると、私も含めみんな紹介するのが上達したかも!

Hさんご紹介の小川洋子『ことり』
「小川洋子独特の美しい世界を堪能できる本」とおっしゃっていました。

説明を聞けば聞くほど、トリッキーで独創的… 借りました!! 

もう一冊は

高村薫の刑事・合田雄一郎シリーズの『冷血』
Hさん、ミステリーお好きだったんですね! 

「まず高村薫の筆力が圧倒的。
彼女は単行本から文庫本になるときにかなり改訂する傾向があり
 それくらいストイックな作家。
 主人公の合田雄一郎の人間臭いところが憎めない」

のようなことをおっしゃっていました。
高村薫、まだ読んだことないので、デビューしようかな!


お次はKさん

吉田修一『国宝』 
「吉田修一さんが好きで…」とおっしゃっていて
ちょっとよく知らない作家さんだなあと思って後で調べたら
映画『怒り』や『悪人』の原作者ですね、知ってる知ってる!!


長崎の任侠の家に生まれた主人公が
歌舞伎役者になっていき90歳までのものがたり
上下巻で長いかなと思いきや
ごくごくと読めたそうです。
こんな詳しいインタビューをみつけてますます読みたくなった…!




もう一冊は、平野啓一郎『本の読み方 スロー・リーディングの実践』
Kさんがファンのライターの一田憲子さんがインスタかなにかで
おすすめしていたので読んでみたそうです。


昨今、速読がめちゃ流行っていますが
平野さんは「速読の知識はただの脂肪である」
とぶったぎっているそうです。


速いこと、量がたくさんなこと=いいわけではない
生きる筋力を鍛えるために読書するなら
ゆっくりと、定着するように読むべし
と具体的にどう読むのがいいのか書いてあるそう。
おお!!これは読んでみなければ!


最後は、私。

田辺聖子先生の本を読んだことがなくて
チャレンジしてみたらめちゃくちゃ面白かった!

短編集なんですが、
おでんにきつねうどん、てっちりなど
一編にひとつ、大阪のおいしいもんが出てくるのと
ほんまの大阪弁がなんかほっこりしていいです。

ここに出てくる昭和な恋愛観はまったく共感できないですが
そこはまあ、歴史の勉強ってことで…

もう一冊

東京江戸川区で本のソムリエ清水さんがいらっしゃる
有名店「読書のすすめ」に昨年初めて行ったときに
装丁に一目ぼれして買った一冊です。


あの、これ、すごく面白いの!!
『ハイツひなげし』という全10室のアパートに住む
「小田島さん」のことを、残りの9室の住人目線で
描いています(ミステリーではないです)
人間のよわいところ、やさしいところに
そっと寄り添う小田島さん…
ほっと癒される一冊ですよ^^


来月の読書サークルは12月14日土13:30~です
ご興味あればご一報を

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
畠通株式会社代表取締役社長・販促コピーライター。DMA公認ファンダメンタルマーケター。京都市上京区にて印刷会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営9年目。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)・全日本DM大賞二次審査委員(2019~)。同志社大学法学部卒。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - 塾・イベント・コンサルのこと

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事