*

繰り返し使える食品ラップ

      2019/09/12

こんばんははたぼうです

まだ蒸し暑い日が続きますね

 

千葉では先日の台風の影響で

とても不便な状況にある方が

たくさんいらっしゃるとのこと。

 

1日も早く

普段の生活に戻ることができるよう

心からお祈りします。

 

大したことはできませんが

しかるべきタイミングで

確かな機関への募金に

微力ながら協力したいと思います。

 

ーーー

さて、日本でもプラスチック問題を

盛んに耳にするようになってきました。

 

一昨年・昨年・今年と

アメリカやヨーロッパに旅して感じたのが

 

あちらの国ではエコバッグや簡易包装が

ごくごく当たり前であること。

 

 

日本では、積極的に包装を断らないと

包んで巻いて袋に入れて

おまけにお渡し用にもう一枚くれたりします。

 

仕方ない、

私たち生活者がそう求めてきたから

 

今、いち生活者として出来ることから

コツコツ実践しています。

 

基本的にいつもエコバックを持参して

できるだけ袋をもらわないとか

「シールだけ貼ってください」

というようにしています

 

そうすると家に帰ってから

ゴミ出しのじつに簡単なこと!

 

商品代の一体いくらが

パッケージ代なんでしょうね

高級品ほどパッケージ代の割合が高い…

 

 

ネット通販も便利でありがたいんですが

中身を取り出したあとの処理が

なんとも労力がいるのと

やはり資源が勿体ないなぁ〜

 

だからせっかくなら

・リサイクルできるパッケージ

・再利用できるパッケージ

そういうものを

選択しているメーカーを選んで

見た目ではなく本当の意味で

スマートな社会を作っていきたいです^_^

 

 

 

以前、こんな賢いものをいただきました

 

繰り返し使える食品用ラップ

 

小さなお子さまを育児中の

尊敬する女性からです。

 

なんと素材は蜜蝋でできているそう

洗えば何度も使えます

 

 

こんなふうに

お皿にラップを貼りたい場合

ぴたっとお皿のフチに

くっついてくれます。

パイみたいでかわいい!

 

 

食材をそのまま包んでもオッケー。

化学物質のいろんな心配もなくて

安心ですね〜

 

 

あらゆるパッケージ、容器、包装において

初期費用が少しかかるけれども

中期的には賢い選択である

目先のラクさ便利さを

ちょっと立ち止まってみる

 

 

そのような商品やお店を

一つ一つ見極められる人間でありたいです。

 

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
女性限定販促塾主宰、DM専門マーケッター。同志社大学法学部卒。販促プロ歴14年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営7年目。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - 趣味や日常のこと

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事