*

街で見かけた「売れるコピー」

   

あ、これは売れるコピーだな、と思った広告をシェアします。

 

ロボット掃除機の電車内ドア横広告(山手線だったかな~)
数年前にみました。写真が雑ですみません。

紙面の左半分にはカジュアルな服装のアラフォーくらいの女性のスナップ写真
右半分にはロボット掃除機の写真

女性の写真の上にはこんなコピーが書かれています

「キャラ弁で息子をあっと言わせたい。
 今年の家族旅行の予定を決めたい。
 たまったドラマの録画を夫と全部みたい。
 キッチンにアンティークの棚を入れて、
 かわいいカップを並べたい。
 ジャックもそろそろトリミングしてやりたい。
 友達家族とカラオケ行きたい。海にも行きたい。
 床掃除ぐらい【商品名】に任せていいわよね?」


あるひとりの女性の日常で『したいこと』が
とてもリアルに詳しく話し言葉で書かれています。

そして、それを実現するには、
「床掃除くらい、ロボットに任せていいわよね?」
という文句。
売り込み感なく、スッと入ってきますね。

そして商品直下に
「【商品名】で家族の時間を作ろう」と。 

つまり、この広告が伝えたいのは
当ロボット掃除機が提供しているのは
部屋を自動でキレイにする「機能」ではなく
ユーザの「家族の時間」なのだということ。


これぞ、完全にユーザーを主語として設計された
売れるコピー。
いやはや、堪能させていただきました。


外資系メーカーの広告って
ユーザ主語のコピーが多いですよ。
電車やお店で、なんとなく注目してみてくださいね。

<売れるコピー関連記事>
「売れるコピー」ってなんぞや


<セミナー・勉強会承ります>
10人未満で和気あいあいとした勉強会、が得意です。
「売れるコピーライティング研修」など
もしピンときたらお気軽にお問合せください^^

 

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
畠通株式会社代表取締役社長・販促コピーライター。DMA公認ファンダメンタルマーケター。京都市上京区にて印刷会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営9年目。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)・全日本DM大賞二次審査委員(2019~)。同志社大学法学部卒。
はたぼう

最新記事 by はたぼう (全て見る)

 - ダイレクトマーケティング ,

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事