*

一斉にバァ~っと知らせるのか、順番にお知らせするのか

      2016/09/20

はたぼう23もしあなたがいま独身で、
今日プロポーズされて結婚がきまったとします。

さて、まず誰に報告されますか?
まずはご両親ではないでしょうか。

その次、
ご兄弟→
親しい友人→
職場の上司・同僚→
学生時代の友人、親戚

などなど。

多少の前後はあれど、
だいたいこんなような順番で
お知らせされるのではないでしょうか?


あなたの大切な出来事について、
あなたのまわりの方々にお知らせしようと思ったら、
誰から順番に連絡するのか、
先のような”優先順位”が
しぜんとはたらくかとおもいます。

誰でも一人では生きていけません。

あなたのそばにはかならず、
●すごくお世話になっている人、
●それなりの人、
●まあそうでもない人、
といったように
しぜんと濃淡がついた
お付き合いをしているはずです。


お店の場合でも、
お客さんとのあいだにそれぞれ
お付き合いの濃淡があるのはあたりまえ。

●すごくお世話になっている人、
●そこそこの人、
●まあそうでもない人 

なんとなくわかれますよね。

であれば、
お店で大切なイベントがある、
キャンペーンがある。

そういったときに、
一斉にバァーっと知らせる、
というのはいかがなものでしょうか? 


個人で言えば、
親兄弟・親戚や職場の上司に結婚報告するより前に、
「プロポーズされました!私結婚します♡」

とフェイスブックのタイムラインに
投稿するようなものです。


直接本人の口から聞くまえに、
フェイスブックづてに知ったとしたら、
親戚や上司はどう思うでしょうか?

なんとも不作法な、と思うのは
私が昭和頭だからではないはず^^;


大切なことは、
お付き合いの濃い方から順に
いままでのお客様から優先的に

お伝えするのが「筋」というもの。


誰がいちばん大切なお客様なのかを
正確に把握できているか?
お付き合いの濃淡がつけられているのか? 

お店でも個人でもいっしょ。
関係を長く続けようと思ったら、
つどつどで筋を通すのが大事ですね。

わたくし自身への
戒めでもあります。

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
同志社大学法学部卒。販促プロ歴12年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営6年目。伝わるコピー&デザインと、顧客名簿をいかした企画を得意とする。販促相談、出張勉強会講師、制作業。京阪神と東京で活動中。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。

 - ダイレクトマーケティング

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事