*

いつだって素人目線が最強

   

これまでに医療系のお仕事をいろいろとお手伝いさせていただきました。会員制の健診サービスや審美歯科、婦人科クリニック、美容皮膚科、整骨・接骨院、大学病院などなど。

少子高齢化、晩婚化に伴い、いまの日本の医療では”予防医学”がキーワードですね。「悪くなってから治療する」から「悪くならないように予め防ぐ」の発想がどのジャンルの医療においても言われていることです。

経営的には、健康保険が適用される”保険診療”から、全額自己負担の”自由診療”へのシフト。つまり、収入的にいかに自由診療率をあげるか? が経営効率化の課題として、私どものような外部ブレーンに共有されたりします。

___
2016-05-17 15.19.23-1

さいきん縁あってお手伝いさせていただくことになった医療系のクライアント様。お声がけいただいた時点では、上記の業界的な流れから「自由診療率UP」とおっしゃるのかな~と予想しながらミーティングに伺いました。が、見事に裏切られました。

「そもそもね、私たちが広告すること自体、違和感があるんです。だって、『具合悪い人いませんか~?』ってしんどい人探すなんて、人としてあかんでしょ~(当然、厚労省により医療広告ガイドラインが定められています)うちに治療きたらできるだけ早く治して、もううちに来なくなってほしいんです。なので、早く治してうちに来なくて済むしくみづくりを手伝ってほしいんですよ


ああこれが究極の患者さん目線だなと。治療と収入。医療サービス業界のジレンマを軽々と超えた発言に、少なからぬ衝撃を受けました。起点がいい意味で素人さんなんですね。あたしゃ業界の常識なんて知らないわよと。(結果的にはそれが自由診療率UPへの最短ルートであったとしても)そこを言い切る潔さ、あっぱれでございます。これまでの経験を活かしつつ、究極の患者さん目線でお手伝いさせていただきます!

◆今回ご利用いただいた弊社サービス詳細はこちら

はたぼうへのお問い合わせはこちらのフォームからお気軽に~☆

●Instagramフォローお願いします☆
https://www.instagram.com/hatabou_hata2/

●Twitterもお願いします☆
https://twitter.com/dm_pro_moyoko

●Facebookページでブログの更新UPしてます☆
https://www.facebook.com/hata2osaka

●ホームページ、まだの方はぜひ☆
http://hata2.com/

The following two tabs change content below.
はたぼう

はたぼう

販促コピーライター・代表取締役畠通株式会社
同志社大学法学部卒。販促プロ歴12年、2012年独立。京都市上京区で印刷制作会社の営業職を7年経て大阪府高槻市で自営6年目。伝わるコピー&デザインと、顧客名簿をいかした企画を得意とする。販促相談、出張勉強会講師、制作業。京阪神と東京で活動中。日本郵便主催第29回全日本DM大賞プログレッシブ賞受賞(2015)・第30回全日本DM大賞銀賞・日本郵便特別賞受賞(2016)・第31回全日本DM大賞入賞(2017)。

 - ダイレクトマーケティング

お役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
SNSのフォローはこちら!

  関連記事